2018年12月22日

荒波に向かって錨は引き上げられた・・・

今年はカオスの年になると昨年に書いたが、すべてのセオリーが通用しない相場展開となってきました。あまりに高値まで強引に引き上げられた相場は上にだけではなく下げる時も極端な動きをします。遥か高く10年も継続したトレンドは足元を見るのも怖いくらいに高見に上り詰めました。
週足は月足で見ても、そのはるか下に故郷も見えません?
8000円台からスタートしたアベノミクスも同じです。円安もしかりで後戻り不可能な領域まで来てしまいました。相場の世界も古い物差しで測っていては本当の姿が見えなくなってしまうのではなかと思います。
大量に刷られた紙幣は其のピークから今度はどこに向かうのでしょうか?燃やすわけにはいきません?
行きつく先が見えているのでしょうか?逃げる場所があるうちは良いでしょう・・・
インフレがやってくるのか、あるいは別の経済圏が出来上がるのか?
仮想通貨は金融庁が暗号資産と呼び変えるらしいですが、その世界にはSTOと呼ばれる株式から不動産などあらゆる資産がブロックチェーンによりトークン化された新しい市場が構築されようと動き出しました。既にフィアットの分野ではドルなどはトークン化されてドル擬きのような形で既に取り入れられて普及しています。円も同じ動きが見え始めています。
タイミングは良いようですが成熟するまでには数年かかるでしょう?
壊れた現実社会の経済圏から誕生する新しい市場にバトンタッチできるのは難しいようです。
その前に請われ始めている現実社会の中で生き残って勝ち抜いていかなければなりません。売り屋のトレーダーとしては何の不安もありませんが、多くの人は器用に発想を180度変えてこれからの相場に順応していけるでしょうか?
10円続いたロングトレンドから荒波の時代に入ります。単に相場が下がるだけではなくて当然のように政治も社会も荒れてきます。どこにも勝者が居ない喧嘩も戦争もあります。
そんな時には他人や他国に縋っては生き残れません。自分を鍛えて自立するしかないのですから、今更に言う事でもないようですが・・・・

deitoresennin at 14:47│Comments(0) 相場のこころ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
お問い合わせ、お申し込み
メールフォームに不具合がありました。返信が無かった方はこちらまでお願いします。 imsp777@gmail.com