2017年10月31日

先物+IMSPオプション戦略、朝の景色

米国市場の反落を受けて安いところから始まりそうですが、21850円でWBを叩いているので見た感じではこの辺りは強そうです?
それを確認しに行くのか、このまま戻り基調となるのかが寄りの勢いを見たいと思います。
コール売りを持続か手仕舞いして上で売りなおせるかですが大きなポジションではないので気は楽です。先物は戻りを取りに行く方向でロング主体です。これも押し目買い戻り売りで単純な作業かと思います。
IMSPについてはロールするほどの下げではないので現状維持です。コスト面からもっと売りを追加すべきですが12月物なのでゆっくり行きます。
寄りは気配を多少強めに変えていますがいったん押してくる場面を狙います

910円売り
980円買い
買いはおり70C+40
70B
80S
+10
70B-10
50B
+20
50B
-10
60B
230000C@70S5@50C+100000円
売りたたきも無いし・・
60B
50B
60Bおり
+20
重い感じだが?
60B 15分
+10
70B
60B
60B+10

70Bおり
先物100円になったら終了
60B
時間待ちか?
+10
終了、戻しでコールの売り直し・・・
IMSPとヘッジSP以外のポジ
日経平均Op 11プット21250 売り  6 @35 33 12,000 0.7368
日経平均Op 11プット21125 売り 4 @50 26 96,000 0.3780
後場にコール23000を手仕舞い+100,000
11P21125、2125をすべて手仕舞い+210,000円
コール新規売りを手仕舞い-60000
新規12C23250@41,42売り7枚
今日の結果₊390,000
長く持っていたプットをコールのロスカットに埋め合わせで手じまい。



deitoresennin at 07:10│Comments(0)朝の景色 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
お問い合わせ、お申し込み