2017年08月11日

日経サマージャンボの売り出しか?

すでに呼びかけていた相場急落への対応も、読者の皆さんは手抜かりは無いものと思います。
連休で仮に今夜ダウがさらに押し込んでも日経は‐400円程の急落となっているので2日分の下げとはならないと思います?
寄りから買戻しが入るかもしれないので、前場は落ち着いて対応できるかもしれません。
トランプと馬鹿大将の口喧嘩と見れば今夜は買戻しも入り、軟調な展開かもしれません?
どちらにしても解決は遠く、深刻さのピークはまだまだ先でしょう・・・
米国市場は歴史的高値圏を推移しており、ピーク感も台頭しており、北朝鮮の陰に隠れるようですが別個に調整の懸念は高まっていました。
それではこれからどうしたらと考えますが、IVをとるかデルタ勝負か?
相場2万円の回復は当面見えなくなってきましたので、相場のポジションを19700円に置いたポジションは気が楽です・・・
9月もので勝負するにも期間は十分で低いIVからの暴騰を狙えるかもしれません?
ここから証拠金も上がってくると想定できればカレンダー系で気楽にいくか・・・
日経VIなんかは証拠金が安くお勧めです。
狙いは18000円から17000くらいまでですが、IV暴騰となればさらに15000円近いものまで期待はできます?
どちらにしても実力の発揮できる相場がやってきそうです。
こう言う時にも遠くばかりをいじって失速する人が多い。1円のプットが100万円に化ける夢が頭の隅に住んでいるからでしょう?
しかし現実的にはATM近くがすんなり儲かる場所です。俗っぽく言うとセレブの多くすんでいるエリアで仕事をしたほうが収入も多いはずです。
9月メジャーSQは別次元の位置にいるのでしょうか?
朝鮮半島が燃えれば韓国の産業は停止し半導体や造船も大きな影響を受けて、世界経済は大きな影響を受けますし、何も無くても米国市場は危険水域で現状は双頭の悪魔が顔を覗かせたという具合でしょうか?




deitoresennin at 09:18│Comments(0)相場のこころ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
お問い合わせ、お申し込み