2017年07月08日

空振りに終わるかSQに向けての調整入り・・

また最後で逃げられてしまったようです?
2万円に乗せても上がるべき日に悪材料で足踏み、下げても下げきれない相場に疲れます。
昨夜のうちにコールサイドの売り玉はすべて手仕舞いしSSPだけ残しておきましたので一応の対応ができました。惜しいのは、もう一押しと後場の押しに期待するも、日銀の国債買い入れの材料などで為替が円安に触れて相場が急進してしまい、雇用統計も事前から無視したような展開に値洗いが+30万から急速に悪化してしまいました。
こういうのは2万円台でもありました。コールサイドでIMSPを構築してありますので対応は可能ですがプットサイドの利益が消えてしまい、再挑戦になります。
IVが非常に低下している中では、多くの売り玉を抱えるわけにもいかず、ロングストラングルのようなポジションになってしまいます。
これも相場が動かなければ自滅ですのでSQ直前の荒れた相場を期待します。
復活トライアルも最後の動きに賭けている状態です。
ミサイルや政局の混迷(ハゲーーなど?)が無ければ相場は高値更新していたかもしれません?
上も下も邪魔が入り歩みは遅いですがポジションを小さくして出直しです。構築したポジションは7月SSp1組以外は8月ものですので、先は長いです。
プットIMSPを上にロールしなくてはならないほど相場があげてくれれば、それも良しです。
依然としてトランプリスクと言える様な地合いは継続しており、ロシアが中国寄りに連携を取り始めたのでトランプは圧力も感じているはずです。
核の凍結では何度も裏切られており、米国がこの条件で折り合うはずも無く、Xデーは存在すると思います。時間は多く残されておらず、韓国からの情報の流失を米国は懸念しており踏み切れませんが、準備は進んでいるようです。
無駄になってもプットサイドの手当ては怠りません。


deitoresennin at 11:20│Comments(0)日々雑感 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
お問い合わせ、お申し込み