2017年06月10日

ナスダックの異変?相場急変のサインになるか?

昨夜の米国市場は順調な立ち上がりを見せたが、後半は一転して急落のパターンになりダウは戻したもののナスダックは1.8%の大幅な下落となった。一時は2%を超えるほどの大幅な急落だった。
アップル云々と言う材料となってはいるが、不吉な展開を連想させるのに十分な動きと成った?
ここからの戻りの展開は目が離せないものと成るが?
昨日は日経が2万円回復で戻りを狙って売りを軽くしたが、少し宛が外れたかもしれない。
日米の政局の混迷と英国の保守党の凋落と世界は政治的な大きなカオスの時代にある。経済だけは別物と見られているが、やはり最後は同じ末路をたどるのか・・・・
セルインメイを乗り越えた相場は、8月の調整ではなく早めにやってくるのか?
ダウを引っ張ってきた様に見えるナスダックの急落は来週が正念場を迎える事になるが、それは米国市場が多くの悪材料も乗り越えて、頑強な相場を維持してきたこと自体が不思議な展開でもあった。
決め付けるのは早いが下山準備も無くては登山は出来ない。

deitoresennin at 07:35│Comments(0)TrackBack(0)相場のフォーカス 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
お問い合わせ、お申し込み