2017年05月08日

IMSP連休明けのギャップに耐える

見事に裏を書かれた形で売り方全滅ですか?
好材料はなく前回抜けなかった19600円台をギャップで簡単に抜いてきました。
理屈は後から付いてくる。相場の考察なども意味はないようです?
STPの基本ポジションを持っていたのは、裁量が入らず機械的に淡々と運用して行った形を検証するためですが。売り数量についてはグレーゾーンで曖昧でした。
そこに裁量的判断があってポジションは売り超過に傾いていました。
60万近い売りを抱えていましたが急騰時には苦手意識はあるもののIMSPは前日からの58000円のマイナス分を含めて60万近い金額を相殺してリセットできました。
適切な売り数量でしたら50万近い利益となっていたようですが、17枚の売りを抱えていましたので帳消しでした。その後新しくIMSPを構築して値洗いは20万近くまで来ています。
今回証拠金についても反省点が多く、ロールして枚数が増えてしまい証拠金が増えてくる。コールの外側が盛り上がらずロール可能な公使価格が接近してしまうと言う、売り戦略特有の欠点を甘く見ていたことです。
そこで一旦整理して再構築と言う展開にしました。
ポジションを作ってすぐに連休でギャップアップと急激な変動に出くわしてしまいましたが、何とかで直しで再出発です。
調子に乗って大きな利益を争う雰囲気に持っていってしまったのは自分の責任です。本来IMSPは安全に地道にやっていく戦略です。相場展開で大きく勝てる場合もありますが、其の方向に気持ちを持っていくと裁量的な運用が多くなり、自らリスクを作っていく形になってしまいます。
新人君も120万と言う新記録を作ってから、深追いして言ったのも自分が背中を押しすぎてしまったことになります。バランスを欠いたポジションは良い結果を齎さないと言う教訓でした。
-44000円



deitoresennin at 15:49│Comments(0)TrackBack(0)STP公式ポジション 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
お問い合わせ、お申し込み