今日は乱高下しました。ミサイルの発射でも押し目買いが強く相場の強さなのか、テクニカル的なシステムの動きか?
売られすぎでも、下がるときは下がる。
市場はこの度の会談の結果と、シリアの攻撃のロシアサイドの対応を、どう織り込んでいくかは来週以降とした。
相場は何かに買い支えられたような印象を受けるが、それが適うのかを見届けたい。
ポジションは変わらずだが、値洗いは悪化した。
来期はもう一人新人?が参戦する。
今までのボックス圏から、新しく始るトレンドに挑む形となるだろうが、どちらも負けてほしくないところだ。