2017年03月12日

相場のレンジ離脱なるか?

重要なイベントで相場の足を重くしていた米国の利上げも織り込んで次のイベントはフランスの議会選挙とトランプ政権の予算概要提出、それにバックボーンに北朝鮮のリスクを孕んでいる。
しかし年中こういったイベントとリスクはあるもので、その強弱を想定して動くしかない。
来週は上の意識を持って、予め防波堤の高さを高く調整した。大分前から4月物に移っているので新鮮味が無い。今期は期間が長いので是非大きな利益を狙いたい。売り戦略では売った分しか利益にならないので、売り玉を安心して抱え込める準備も必要だ。
通常の売り戦略を取ろうとすると、相場の上げには諸刃の剣で、踏み上げと言う事になり窮地に追い込まれる。
IMSPでは逆に、相場の上げが大きな利益に繫がるような戦略になっています。
相場の膠着や下げでは、大きな利益にはなりにくい。準備が出来ていれば急騰でも構わない。
期間内に2000円も上げるような相場が理想だが、そう言う機会も多くは無いので、オプショントレードは地道に稼いでいくことが基本だ。

deitoresennin at 10:13│Comments(0)TrackBack(0)日経225オプションIMSP戦略 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
お問い合わせ、お申し込み