2017年03月06日

IMSPオプション戦略、暇なトレード

雇用統計やら毎回のイベントも、利上げが濃厚になった割には元気がない。中国の景気は今に始まったわけではないが、今日は北の大将がまた火遊びをやらかしたので仕方ないか?
それにしてもダウはどうだろう?
勢いがなくなりつつあるが、ポジティブに日柄調整と言い切れない雰囲気もある?
どちらにしても週末に作った4月のIMSPは味が悪いので整理した。待てば良いと言うものでもなく、明日かその内に作らないといけない・・・
オプションは先物と違いプロは売り主体だから資金を多く賭けなければ利益も少ない。今日は会員とIMSP1セットあたりで期待値はどのくらいと言う話をした。
証拠金は150万から200万くらいが標準かと思うので何%くらいの利回りが期待するかと言う内容だ。
先物の頃から給料として考えて月に50万はとらないといけない100万円は卒業レベルと言ってきたので,そのままの感覚でいた。
オプションの性質から言えば、地味なもので、売り戦略なら資金と比例するものだ。
200万円使っても200万円は売れない。40万円売れればいいところだとおもう。
会員の意見は20%くらいが多い。資金に拠るがIMSP1組当たり20万から30万と言うところか?
地味な気もするが、先物が永いので正直、感覚がずれているかもしれない。
しかし1年で計算すれば、とんでもない利回りになる。資金量は個人の問題で制限があることではない。
下手な脱サラを考えるより余程安全だ。
+20000円



deitoresennin at 17:09│Comments(0)TrackBack(0)2017年 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
お問い合わせ、お申し込み