2014年03月10日

3月10日のトレード

材料不足と言われながら、ここまで戻してきました。400円台でもたつくとSQ前でもあり売りしかけも出そうです。
足元に燻る懸念材料は事欠きませんので常に用心は必要です。
OPは先物と比べると暴落でもない限りは効率は悪いので思案中です。
消費税を控えた4月相場を見ると相場の失速は避けたい当局の思惑もあり、追加緩和の匂いは常に振りまいておきたいところです。
SQを控えて短期筋の思惑が出てきそうな時期ですが?下ばかりでもないので用心すべきところです・・・・・
400円台の膠着は仕掛けのポイントになりそうな気がしますので注意します。
今朝のチャットでの話のポイントにしたのはNSで高値に追いつかない日中の動きに用心と言うことでした。
昨年の5月以降良く見られた動きです。NSで高く期待したものの追いつかず大きく下落したと言う流れが心配されます。
為替は底硬く今のところ売り叩きも始まっていません?
このまま無難に調整で終わればいいですが?
はっきり感じた売りたたきも無く、日銀の追加緩和も警戒してか中途半端な感じもします。
NSも安そうですが持ち越しなしで終了・・・・・・・・・・
+500円

deitoresennin at 08:20│Comments(0)TrackBack(0) カバコ? 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
卒業生のブログ
http://225optionist.jp/
お問い合わせ、お申し込み