2013年05月30日

日柄こそ修復の特効薬

安くなると怖くて手放す人、逆にチャンスと買う人もいる。
しかしこの荒れ相場では上手く行く事は少ない。
資金が豊富な人も結局はそれ何の量を買うので似たような事になる。
板が500枚程度に戻ってこないと安定した相場にはならない。
初心者にはこの状況はまだ無視して静観していたほうが無難と見ている。
安く買うことも重要だが、それは自分がやすいと思っただけである事を忘れてはいけない。
チャンスと言えば今までのような右肩上がりの数ヶ月間が最高のチャンスであったはずだ。
何度も言ったが山高ければ谷も深い。思いっきり尖がった後に天井が来ると・・・・
何度もスルーされたが、深い谷に沈んだ。しかしまた明るい日を見る時期が来る。
そして人は全てを無かったように、前しか見ない日々に没頭していくものだ・・・


後場
数日前は、すでに底を打ったかと14600円台まで上げて、僅か2日で1000円落ちました。板が薄いので出来高に比べて値幅が数倍となっています。
13500円台に落ちて、すぐには14000円台に復帰が難しいように見えてきました。
MAも下降してきますので、ますます日柄がかかりそうです。
底値と言うものは裁量で決め付けても日々変わってしまいます。今日は13000円がすぐ底に見えてきました。
日本当局は米国とちがって放任主義ですから期待は出来ません。材料待ちの状況です。
売り方も相場を壊しては始まりませんのでSQを睨んでもう少し叩いてくるのかもしれません?
15000Cが枯れるまででしょうか?
静観が1番ですが資金のある方は出動でしょうか・・・・・・・・・
先物の凋落よりも先に、為替の100円と言う壁があります。これが敗れると大変ですので、ここまでの叩きあいでしょうか?100円が崩れればアベノミクスそのものが壊れてしまいかねませんので介入か材料を出してくるか?
何かに期待していきますか・・・・・・・・

NS
為替の動きを追い越して上げています。
一過性でもなく?ポジティブな材料が出るとの予想があるらしいですな?
まだ本物か分かりませんが、きっかけになりそうです。
下のポイントは取っていますので戻しに入っても良い条件はクリヤーしています。
まだ参加者が少ないようですが来週は期待できそうです。
しかしNSで値幅が出てしまうと、明日は限られたレンジの展開ですので注意が必要です。
高値で掴まないように・・

deitoresennin at 08:25│Comments(0)TrackBack(0) 相場のこころ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
お問い合わせ、お申し込み
メールフォームに不具合がありました。返信が無かった方はこちらまでお願いします。 imsp777@gmail.com