2013年05月08日

5月8日の相場

相変わらず強い米国相場を横に見て、日本市場は為替から自立していくには実体経済を反映した業績相場に変わっていく過程にあるようです。
1ヶ月に1度は+2Σを捉えていた動きが5月もしっかり捉える事が出来るでしょうか?
為替のチャートは危ない感じもしますが、個別の動きで振り切って欲しいものです。
時間軸は違ってもスイングでトレードしている人は手仕舞いのポイントが難しく、買い直してしまうと高値圏に玉が集まってしまい、ギャップでドローとなってしまう事も多くなります。
上に厚く下に薄い形となると苦しくなります。1度目のドローで思い切ってLCしないと悪循環になります。
下で買いなおす分には値が戻る事を前提に結果としては同じ事です。以後の玉の建て方を楽にするには最初のドローの采配は重要だと思います。
NSの安値を確かめる動きが先になるかと見ますが・・・・・・・・・・
まだ時間も早いので寄り前の動きを見ましょうか。
SQ前でもあり、あまり離れない位置で膠着か?
異次元の相場が続きます><
14400円にタッチしましたが、押してくる気配はまだありません・・・
14500円にせまる勢いで+2にタッチしそうです?
浮かれたところで出口も探したいですが、深く押してくる材料も無いですが、材料は作ってくるもので
安心も出来ません。簡単に15000円に行くはずも無く用心しながら陰線を引くまで付いていきたいと思います。

400円台に入っても特に相場の重さは感じなかったのですが、
そこはSQ前と言うところで売り崩されてしまいました。

NSでも期待は少ないですが、自分が待っていたポイントの手前で崩れてしまったので、再度WTくらいには戻して欲しいです・・・・・



deitoresennin at 08:08│Comments(0)TrackBack(0) 1013年買い一本道 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
お問い合わせ、お申し込み
メールフォームに不具合がありました。返信が無かった方はこちらまでお願いします。 imsp777@gmail.com