2011年08月30日

方向転換もやむなしか・・・

今日は朝から目眩が酷くモニターを凝視出来ない状態が続き、やむなくトレードは休止しました。朝は目眩がすることが多く、気にはしていましたが時間とともに収まっていたのですが、今日は駄目でした。明日以降も分りませんが
スカルピングではなくスイングならば参加出来そうです。
今日の相場は金融緩和に対するイベントが繰り越したので時間的余裕が?ギリシアの銀行合併などの材料を囃してつかの間の戻り相場を楽しんだようです。しかし米国の400ドルを超す乱高下が続く中、まだ安心して買い進める状態ではないようです。9,000円タッチも9,000円台の滞在時間はなく、引けには寄り値の下に押し戻される状態です
SQも迫ってき時間的価値の減少が進む時期でもあり、長い時間のOP買い持ちは危険です。この時期にドローをくらうと、先物が戻してもOPは戻しません。ザラバのトレンドでも大場の上下を狙わないと利益にならないでしょう。
資金的には余裕が出来たのでデイトレの売りも可能になりました。流通は悪いので面倒ですが細かくもやっていくしかないでしょう。夜間取引の延長でSSなどの戦略も以前よりは楽になりました。日米のギャップが減少して、いきなりバックが爆発することもなくなりますが、良いこともあるようです。1ヶ月1千万円くらいの目標にコツコツ挑んでいきます。

deitoresennin at 17:53│Comments(0)TrackBack(0)1億円チャレンジ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
お問い合わせ、お申し込み