2010年12月11日

オプションデイトレのはじめ

オプションのデイトレードを、やっています。オプションは様々な優位性を求めてストラテージを構築していくのが最高のオプショントレーダーとされてます。しかしヘッジにコストがかかり、そのリターンは存外地味なものになってしまいます。効率の良いのはやはりネイキッドでの売買ですが、これは勝率10%とか言われ勝率の低いものです。リターンとヘッジは反比例するもので、その斟酌はやはり相場感に頼るしかないわけです。
資金力の豊富なトレーダーは利益率は低く設定して安全なトレードを心かけていけばよいでしょう。しかし、弱小トレーダーにとっては、ある程度の許容範囲でリスクを取りながらも果敢に攻めのトレードをやっていくしかありません。リスクの取り方に妙味があり、リスク限定のオプションネイキッドトレードには、その戦略が有効になります。1日のとrてる範囲のリスクを決めて、その範囲で勝負をかけていく手法です。
株式や先物のデイトレは単独ではヘッジをかけながらのトレードはできません。その都度、ロスカットで精算しなくてはいけません。では、先物でデイトしていればいいのでは?と言う疑問が出てきますが、双方の違いは時間と約定との面で違いがあります。数秒の時間を捉えてトレードを繰り返す先物デイトレードとの違いは、自分のスタンスにより、ある程度の時間軸を選択する余地があります。、もちろんオプションの場合ATMから離れていくほど動きは緩慢になり原資の動きとはタイムラグが多くなります。これは諸刃の剣でもあり、時間的価値の減少というものがありますから、よほど大きく原資が動かないと利益になってきません。従ってその案配を見てトレードすべき価格の選択をしなければ行けませんが、概ねATMから500円くらいのものを中心にトレードしていきます。利益を積み重ねていくことで、リスクの許容範囲が広がり、リスクゼロのトレードが可能な所まで持っていくことですが大きな勝負に挑まずちいさな利益を重ねることがやがて大きな成功に繋がります。目標は利益100万円達成。これでノーリスクのトレードが始められます。

deitoresennin at 10:22│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トレンドハンター旧ブログはこちらです・・・・ http://trendhunter.dtiblog.com/
オプション研究会のご案内
オプション研究会に付いてのお問い合わせが多いので、ここでご案内しておきます。
形式的なオプション取引における戦略や用語の説明などではなく、実践的なオプション戦略である、IMSPオプション戦略を基本投資法として見識を深め、実践取引におけるアドバイスを致します。
会員相互のコミニュケーションなども行われスキルアップと経験の共有なども期待できます。
リアルタイムチャット掲示板における戦略ポジションの展開を通じて、自己のスキルアップと資産形成に実践的に貢献いたします。
実際にトレードに参加するには100万円以上の資金から可能です(勉強だけなら不要)
研究会の戦略的ポジションを運用するなら150万程度の資金が必要です。
あくまで研究会なので売買の指示や誘導はいたしません。取引は自己責任に於いて実行していただきます。
時間的にリアルタイムチャットに参加できなくても。ログは数日間保存できますので時間に余裕がある時に閲覧できます。メールでのアドバイスも可能です。
Op研究会の成績
オプション研究会の月別成果

4月SQ成果+ 253,000円
5月SQ成果+7,266,000円
6月SQ成果+5,698,000円
7月SQ成果+3,771,000円
8月SQ成果+6,391,000円(英国EU離脱ショック)
9月SQ成果+1,492,000円
10月SQ成果+1,792,000円
11月SQ成果+6,834,000円(トランプショック)
12月SQ成果+1,704,000円 IMSP基本戦略
2017年
01月SQ成果+2,062,000円 IMSP基本戦略
02月SQ成果+1,877,000円 IMSP基本戦略
03月SQ成果+1,128,000円
お問い合わせ、お申し込み