デイトレ仙人の暗号資産ポートフォリオ

暗号資産の投資と取引について将来性を鑑みて取り組んでいきます。

2020年06月

今までのブログ活動はトレードスキルを指導する。相場を解説するという事が主題でした。
今回からはスキルとは別の選択と忍耐と言う2つの事柄が重要になってきます。トレードでも同じことは言えますが、悲観や楽観がポジションを崩しやすくなってしまいます。
弄りたがると言う具合ですね・・・
これ等は必用なメンテナンスと言える場合もありますが、多くは迷いから解消されたくてリセットしてしまうという事です。
暗号資産の世界に入るのを躊躇する原因の一つに税金という問題があります。しかしFXの初期と同じように何れ認知されて分離課税の方向に行くでしょう?
また暗号資産で物品子売買ができるサイトや店舗が増えてきており、日本円に換金しなくても世界の多くの場所で利用できるようになるでしょう?
分離課税になるまで換金しなければ問題なしですので数年のスパンで持続するのをお勧めします。
暗号資産の投資で1番難しい事は多くのコインがあるので目移りして持ち続けられない事です。1日で数倍になるコインを見たり数日で10倍とかもあるでしょう?
毎日価格を見ているようでは腰が軽くなってしまいます。
本日のニュースではペイパルが暗号資産の売買に乗り出すと報じられています。数億人の顧客を持つペイパルが参入すれば大きなインパクトになるでしょう?
日々変わる暗号資産の市場は大きく変貌していくでしょう。

コインを一つ追加しました。
NIM(ニミック)0.23円(100万枚=23万円)大手クーコインとKuCoin で購入
法定通貨と暗号資産を繋ぐ仕組みを構築

これからの世界の金融情勢や市場とニーズに合わせて、どのような投資を行っていくかについては誰でも考えている事だと思います。
既に高くなってしまった株式市場にはデイトレードでしか参加できない状況です。いくらヘッジをかけてもヘッジでも儲かるときには本体が損失のはずでコスパは悪くなります。
金や鉱物は一見して堅そうですが、これも既に高値圏です。
不動産を見ても将来の地震や津波などの自然災害と、少子高齢化を考えると日本では有望な市場とは言えないでしょう?
もちろん銀行預金などは論外です。為替もスキルのある人だけの短期売買です。これから安定して円高や円安を論じるには世情が不安定です。
リスクの無いものはありませんが限られた投資市場の中から選択していく事になります。
此れから3年後5年後を見た場合に何が最も有効かを考えてみたいと思います。
人様に押し付けたり誘導する気はありません。現在の先物市場から引退した立場でのんびりと数年後までを考えてみて、一喜一憂せずにホールドして行ける資産を持ちたいと思います。
資産と言っても全てをかける必要はなく100万円程度で十分でしょう・・・
暗号資産は何やかや言われ続けていても、ますます参入企業は増えてブロックチェーンの発展と進歩は揺るぎません。暗号通貨はブロックチェーンの潤滑油の様なもので、それなしではブロックチェーンは活動できない理論上のものになってしまいます。
大きなバブルが生まれた直後でしたので価格は不安定で下降線をたどりましたが、漸く再スタートの段階に入ってきました。
まだビットコインの先導役は終了していませんが、やがてビットコインの動きとは離れた独自の動きが出来るコインが増えてきます。
市場規模は低く株式市場と比較しても数%しかありませんが、将来は株式市場を含めて多くの既存市場はブロックチェーンに置き換えられていくでしょう。
不動産や美術品などあらゆる資産はブロックチェーンプラットフォームで分割されて売買が可能になり個人がピカソや世界の著名不動産のオーナーになる事が可能です。
国際送金や政界の銀行口座を持たない人が金融市場や資産売買の市場に参加することも可能です。
暗号通貨にも多くのカテゴリーがあり夫々のコインには独自の役割があります。ビットコインの様な資産系コイン、通貨の代替えの役割をするコイン、ブロックチェーンの発展を促す技術系コイン、暗号通貨の市場を契印する取引所のコイン、ゲームやSNSなどでの報酬を配布するためのコインなど多くのコインが存在しています。
技術系のコインは時に大化けすることがありますが、競争の中で陳腐化して廃れてしまうコインもあります。安定しているのは資産系と取引所コインにおおくみられるでしょう?
何れもまだまだ過渡期なので株式市場のアップルやグーグル、アマゾンと言う企業と同じ歴史をたどるものが多くあるでしょう?
ここで皆さんの比較対象とできるポートフォリオを提示します。これだけではないのですが切りがないので一例を示します。
まず暗号通貨初心者のために日本国内で購入保管できる物を中心に選択しました。海外の取り引き所での売買が多いわけですが、英語でのKYC登録やトラブル時のサポートを考えて国内取引所を選択しました。
当然銘柄数が少ないのですが世界一規模しい日本の法規制をクリヤーしたコインなので一応の安心があります。
このポートフォリオがこれからどのようなパフォーマンスを作っていけるかを参考に仕手してください。海外取引所では1番有名な大手の取り引き所であるバイナンスhttps://www.binance.com/をしていしました。
価格は今日の価格をもとに計算してあります。計算が容易な様にキリ番でまとめておきます。
国内取引所で購入可能なコイン
ETH(イーサリアム)
BAT(バット/ベーシック亜テーショントークン)国内ではビットフライヤー DMMで売買可能
QTUM(クオンタム)DMM,コインチェックで売買可能
BNB(バイナンスCoin)バイナンスの独自Coin(バイナンスでの購入)バイナンスは海外ですが掲載したすべてのコインが売買可能です。
最近になって国内取引所に上場されたコインは非情に厳しい審査を経てきているので安心できます。
取りあえず上記の4銘柄でスタートです。
購入内訳は下記の通り

ETH/10枚    -25,000円 合計250,000円
BAT/20,000枚  -25円  合計500,000円
QTUM/1000枚  -185円 合計185,000円
BMB/ 300枚  -1,720円 合計516,000円
上記合計1,451,000円
常識なポイントに到達すれば利食い買い直しをします。

ブログの更新は辞めようかと考えていましたが、根強い読者がいらっしゃるので今後の自分の考えを書きます。
現在の株価の高値は大きな動きの中では想定していましたが、買いが強く一種のコロナバブルの様に変わってきました?
3月頃の得体のしれない不安感から、先の見通しが見えてくるまではと思っていましたが、コロナの被害や先行きの見通しが思ったほど深刻ではないのではという事が織り込まれてきたようです。つまりコロナ対策の金融緩和が先行して追い抜いて行ったという感じです?
実態は相当な経済被害を伴いますが、対策は行っても資金は貧困層に留まっていないで上層の経済空域で溜まっていくでしょう。
コロナ以前でも未曽有の金融緩和でしたが、輪をかけて世界的な緩和が行われています。それはまだ終息ではなく継続します。
一旦出たマネーは何処に納まっていくのでしょうか?
また政府が回収していく事も考えられずに、どこかに流れていくはずです?
今はその過渡期なので混乱しています。株価のボラが大きく狙い撃ちも難しいので博打的です。
スキルがある人は良いですが所詮株式市場だけがバブルになって住む程度の規模ではありません。
消費はどうでしょうか?
コロナが収まる時期はワクチンが開発された時でしょう・・
まだ来年の様です。そうなると来年は消費が復活して元に戻るのでしょうか?
溢れ出たマネーを吸収できるほどの復活は当分ありません。
工場も潰れて流通も消えてしまった市場は復活にも相当な時間がかかります。
しかし溢れたマネーはどこかで滞留しています。
死なない限りはマネーを追いかけて溜め込んでいる企業やファンド、人々が居ます。
officeビルやホテルの需要は減りました。少子化で賃貸物件の需要も同じです。デパートや店舗も空きました。すぐに復活するとは思えません。しかし不動産バブルを予想する人たちも多いです。
自分は賛成しません。
資産バブルは想定しても不動産とは思えないところです。コロナ騒動で世界の住みやすい国とかの分別も進んだようです?
暴動が起きやすい国や東京のような災害が想定されている都市、中国や香港のような政治が極端で独裁的な国などの不動産が安定して上がることも無いでしょう?
為替の安定を狙ってステーブルコインも人気ですが投資ではありません。
数の限られた資産は不動産だけではありません。どこかの資産に膨大な資金が入ってくるでしょう?
世界が共通して狙える資産は不動産ではなく金や希少鉱物が一般的ですが税金や保管に注意が必要です。また匿名で多量に持つことが難しいです。
新たな膨大に刷られたマネーを吸収するには既存の完成した市場ではカバーしきれません。

リスクはチャンスでもあり未曽有の世界的混乱期は逆に見れば歴史的な大きなチャンスです。
資産が数年間(3年以内?)に百倍から千倍になるとも言えます。
取りあえずは株式市場が先行しますが、ここで勝負をしません。
今叩き売られた市場に妙味があります。屑も多いですが混合玉石でダイヤモンドも必ずあります。
株は上がっても所詮実態はバブルであり今から高値を追う気にはなれません。何れ暴落でしょうが時機を狙えませんので今は止めておきます。
インターネットのビッグチャンスを逃がした人は、早く気が付いていたらと後悔しているでしょう?
しかし同じチャンスがまた訪れているのです。
しかしまた気が付かないで逃がす人が多いでしょう?
何時の時代も同じ繰り返しです。
人と同じことをするのが日本人は好きです。安心していられるからです。結果が悪くても自分だけじゃないと言って安心するのです。
そういう人の中からは成功者は生まれません。
100万円以下の資金でも数年以内に1億円の夢を叶えるチャンスが来ています。
この話が実現するようであればブログも継続しているでしょう?
6月17日を記録しておきます。
静かに産業革命が拡大しています。これは止められません世界が動いています。

このページのトップヘ