デイトレ仙人の暗号資産ポートフォリオ

暗号資産の投資と取引について将来性を鑑みて取り組んでいきます。

2020年02月

中国はここに来て早くも、コロナウイルス感染の終息宣言に近い発表をしてきた?
おまけに発生源は日本だという様に、国内メディアを誘導指示しているらしい。まったく呆れた所業だが、あの国なら何でもありで、マスクを送った馬鹿な議員や知事が居たが、二階だか三階だか知らんが痴呆爺の議員が派閥の親玉に君臨していること自体が腐っていく証拠だ。
道端で倒れていく人、その日暮らしで食料も変えない人はカウウントされるはずも無い。
重傷者は生きたまま火葬場に放り込まれている現実、閉鎖された町で孤独に死んでいく人は病院では扱えない。今日は二人とか4人とかの正確さで数値を発表できるはずもない。
しかし経済が持たないので、無理やり終結宣言を出せる状態に持っていこうとしているのが見えている。
それを真に受けて中国ではすでに沈静化しているとか言っている、メディアや学者様が居る。
まあ、それは何時もの日本の事だが、これからの展開は既に耳に入ってきたと思うが、ウイルスの正体について、最初はインドだけだったが、今はイスラエル、フランス、ロシアからも、このウイルスは幾つかのウイルスを合体させたものだという研究結果が出てきている。これに米国が同じ歩調を取ってくれば、まったく新しい展開となる。
どこかで開発されたウイルスが故意で荒れ過失であっても、それ自体開発することが国際法違反である。
細菌ウイルス兵器を作る国、あるいわ持っている国はテロ国家として制裁を受ける。
中国発のウイルスがそうであれば、大変な事態に発展するだろう?
北朝鮮の早い反応は何かの秘密を知っていたからだし、米国も同じだろう?
米国や他国の調査f団を拒否していて、すでにウイルス研究所は爆破された。何故爆破したのか?
先が見えないが、今回は相場が後追いになっている。
終息宣言を先取りして相場が戻すなら最後の逃げ場になるかもしれない・・・・・・・

ボラが膨らんでオプションは売り以外は手が出ない状況です。相場は急落から暴落に繋がっていくかですが、何事も数日や数週間では終わりません。
数か月続く下落相場になると思われますが、一本調子でもなく2日程度の戻り相場は考えられますので、深追いは禁物です。
賢い人は戻り高値で十分仕込んだはずですが、本番はこれからです。米国も利下げの余地が少し残っていますが,弾を打ち尽くすまでに、相場が戻れ良いですが、日本は既にカンフル剤はありませんし、今の政府にはかつて中国がやったような、大胆な財政の出動も財務省の抵抗で出来ないでしょう?
リスクはチャンスです。売り相場の大きな波がやってきています。
リーマンを思い出しますが、あそこまでは下がらないだろうと思っていた節目が、次々に突破されてオプションお古紙価格が無くなって、新しい行使価格が創られていく展開を何度も見ました。
財産を築くか、失うかの分かれ道ではなく、欲を抑えてうまく勝ち残っていってください。
オピンピックにかけた費用が無駄になる日が来そうですが・・・・

昨日の米国市場の急落から、日経も1000円の大幅下げが予想できます。
予てから言っていますが今年は下げを取る年です。今回はコロナウイルスと言う先導役が居ますので、分からい易かったと思います。
政府の対策はWHOの発表をまともに受けた、責任を逃れるための対策でした。WHOは中国に忖度した傀儡組織となっていることは多くの人が知っています。
新型肺炎は致死率が低いとか言う問題ではなく、その影響に注目していかないと本筋を見失います。
中国の死亡者が2590人ではなく、3万人であったらどうでしょうか?
致死率は跳ね上がります。日本でもその日暮らしの人は居ます。アルバイトで数日分の給料をもらい、日払いで生計を立てている若者も多いです。彼らを1か月監禁して置いたらどうでしょうか?
誰が食糧や生活物資を届けてくれますか?
2日に一度買い物が許されても金の無い人はどうしているのか?
すでに医療システムのキャパを超えた分についてはカウントできません。したがって感染者や志望者の伸びはカウントできないのです。
経済活動と生産活動は完全にストップしています。しかし、湖北省のイオウ酸化物の濃度は異常に高くなっています。
何を燃やしているのでしょうか?スモッグも大量に出ています。
火葬場では急遽人員の募集をしています。
武漢のマンション群では夜中に大勢の人の叫び声が響き渡っています。信じられない怖ろしい状況です。
既に刑務所や軍部にも感染者が出てきました。
この状態でも中国からの入国を止めません?
経済もそうですが安倍政権の終焉も近くなると思います。
ドル円と株価は動きが違ってきます。為替主導では行かない相場になりますので、コロな相場とでも言えるような展開になっていますので、くれぐれも押し目買いなどはしない様に注意しておきます。
世界は転換しています。まだ始まりです。

米国市場を見て峠は越えたかなと思う人が多い様です?
相場の急落時は逃げ場を大口投資家にプレゼントします。まだまだ峠の先が見えません・・・
世界の大気汚染のリアルタイムサイトを見ると、中国の上空が危険レベルを含めて異常に高いです?
工場が止まって車も走っていないはずなのに?
何かを大量に焼いているらしいです・・・
火葬場はフル稼働で既に数万人を処理したとか言っています。武漢の郊外では大火が発生しましたが消防車が動く気配がないとか?
ここに来て動画を配信したりすると、公安がやってきて肺炎の疑いがあるので検査するとか言って連行される動画が生々しく公開されています。
政府が発表するものが正しければ、。病院を映したくらいで連行はされないでしょう・・
日本国内が大丈夫でも、経済は繋がっています。
クラッシュは韓国が先かもしれませんが、影響は全てやってきます。
オオカミ少年で終わればいいかなと思っていますが、皆さん危ない時は手を出さないで・・・

自分も風邪をひいてしまって、当然肺炎の流行にも注意はしないといけないが、元来の出不精であり、さらに中国や台湾韓国にも最近は出かけていない。
相場と関係した目線で見ていると、米国の市場の強い戻りは何だろうかと?マークだが、米国ではコロナウイルスとは違うインフルエンザの流行で12000人が無くなっているとのニュースもあり、世界のグローバル化は難民流入とウイルスの拡散しか残さなかったのではと思いたくなります。
日本国内では中国の喜ぶような報道が多いと見ています。
感染力は強いが死亡者が少ないという考え方がが主流です。
これも島国の国民らしい考えであり、日本の衛生管理や医療施設などをそのまま外国にもっていってはいけません。比較しても意味がありません。
中国の致死率が増えないのは、すでに医療のキャパを超えているからであり、現在の施設内で亡くなった数を追いかけているだけです。それ自体も正確な数字を出しているとは思えませんが?
自宅で亡くなったり検査を受けていない人はカウントされません。
路上や駅でパタパタと倒れて亡くなっている人の画像を見ると、数百の単位では無いようです。
これから先、中国でマスクを外して談笑しながら食事をすることができる日は何時になるでしょうか?
それまで飲食業界やデパート、やイベント関係の業界は持ちこたえられるか?
マスクや消毒液を扱う業界くらいしか生き残れないような雰囲気さえありますが、それでさえ感染しないという保証がない中での計算で従業員が感染して出社できなければ同じことです。
このままの状態が半年継続するなら、中国政府は持たないでしょう?
当然日本経済も大きな被害を受けます。リーマンショックの時と同じサブプライム債権が中国に集中しているようです。24000円あたりまで戻す機会があれば、積極的に中期で持っていられるポジションで売りを推奨します。

突然体調を壊しまして入院しておりました。
コロナウイルスの件と重なって余計な心配をおかけしました。
過労だという事ですが、当然家族には大変怒られまして。ユーチューブの方も中止しました。
勝手に一人相撲で終わったわけで、お騒がせいたしました。お詫びいたします。

今週の初めに退院はしていたのですが、気力がまだついてこないでPCを見る事もしませんでした。
当然相場の急落は承知しています。
中国に対しての忖度かなと思えるほど日本での新型肺炎のニュースは軽く受け止められているようです。?
案の定というか中国の市場は大幅安で日経も大きく下げたわけですが、今日は大きく戻しています。不可解ではありますが時間がたてば収まると見るには時期少々です。
チャートは三尊天井を形成しており、売り方にとっては願ってもない形です。
ここで疑念を持つのは米国と北朝鮮の対応が、素早くそして厳しいという事でした。
まるで今回のウイルスの正体を知っていたかのようです?
分析が早いはずはなく、有るとすれば軍事的な情報を共有できる北朝鮮と米国の軍事情報です。もしもそうだとしても今の状況が戻ることでは無くて、今後の終息がどうやって何時終わるのかが想像できません?
政府がもう終息したから勤務に戻ってと言ったところで中国の国民が、はい分かりましたと言って出てくるはずはなく、国外に避難した外国人が一斉に戻ることも無いでしょう・・
武漢に行ったことがあると言うだけでドアをくぎ付けにされて監禁状態の住民や、弘安に撃ち殺された主婦などの動画も拡散されています。
安心して人が集まれることが自然に行われる日が見えません。
中国政府は18兆円の財政出動をしましたが、何処で誰が金を借りて使うのでしょうか?
経済活動が止まっている国で財政出動も、効果はしれていると思います。
既に相場は売り転換の大変化を遂げていると言いましたが、今後の相場は大きく揺れ動いてくずれていくと思っています。
2万円を死守できるかと言う軽いものではなく、時間はかかっても、この大金融緩和の付けを払う時期が来ているという流れは止まりません。


このページのトップヘ